UQモバイル mineo 比較

UQモバイルとmineoどっちが良いか徹底比較してみました

auスマホやタブレットやSIMフリー機で格安SIMを使う時に、UQモバイルとmineoどっちが良いか迷っている人は多いと思います。

 

エリアはどちらも変わりませんが、料金プランやオプションなどの細かい仕様が異なります。当サイトでは使い方に合わせてどちらがおすすめかをご紹介しています。

UQモバイルとmineo料金プラン比較表

容量 UQモバイル UQモバイル(通話つきSIM) mineo mineo(通話つきSIM)
500MB - - 700円 1,310円
1GB - - 800円 1,410円
3GB 980円 1,680円 900円 1,510円
5GB - - 1,580円 2,190円
10GB - - 2,520円 3,130円
無制限 1,980円 2,680円 - -

UQモバイルの料金プランは3GBプランと無制限の2種類に加えて、無料通話が付いたぴったりプランがあります。無制限プランは速度が500kbpsの低速タイプとなっています。音声通話SIMはプラス700円になります。

 

mineoは500MBから10GBまでとプランの選択肢が多いです。自分の使い方に合った最適なプランを選べます。音声通話SIMはプラス610円になります。また、上記のプランはauプランになりますが、ドコモプランもあります。ドコモプランの場合はデータ専用SIMの料金は同じですが、通話つきSIMがプラス700円とauプランと比べて90円高くなっています。

 

格安SIMを複数使う人や家族で使う人におすすめなのがmineoの複数回線割と家族割です。前者は一人で2枚以上mineoを申し込んだ人に適用される割引で、1回線につき毎月50円が割引されます。後者の家族割は主回線となる契約者を含む3親等以内の人が割引の対象になります。こちらも1回線につき50円が割引されます。

 

UQモバイル・mineo共にドコモではオプションで別料金が当たり前のSMSが基本使用料無しで使えます。

 

プランの使い勝手ではmineoの勝ちです。UQモバイルは3GB以上使うとなると無制限プランしかありません。ただし、プランごとの容量を超えた場合に両サービスともに追加料金を払って通信量をチャージする仕組みがあります。UQモバイルは100MBにつき200円か500MBにつき500円の2種類あります。mineoは100MBごとに150円となっています。

 

使い切れなかったデータ通信量は両社とも翌月まで繰り越せますが、mineoは容量に上限はありませんが、UQモバイルは3GBまでとなっています。※そもそも3GBまでのプランしかないため。

 

また、mineoでは余った通信量(パケット)を同じmineoユーザーに贈れるパケットギフトや家族でシェアできるパケットシェアがあります。

UQモバイルに無料通話や5分かけ放題がついたプランが登場

月額料金 無料通話 容量
プランS 2,980円最初の1年間月1,980円 2,400円分(最大60分) 2GB
プランM 3,980円最初の1年間月2,980円 4,800円分(最大120分) 6GB
プランL 5,980円最初の1年間月4,980円 7,200円分(最大180分) 14GB

今までは3GBと低速無制限プランしかありませんでしたが、新たに無料通話が付いた「ぴったりプラン」と国内通話が5分かけ放題の「おしゃべりプラン」が始まりました。

 

どちらのプランも2年契約で2年未満の解約は9,500円の違約金がかかります。

 

また、スタートキャンペーンとしてデータ容量や無料通話時間が増えています。注意しないといけないのは2年後になるとプランSでも月額料金が3,980円、無料通話は1,200円分(最大30分)、データ容量は1GBになってしまいます。

 

ぴったりプラン・おしゃべりプランの2年後の見直し、乗り換えは必須と言えます。

 

2年契約をしてまでぴったりプランやおしゃべりプランに加入するメリットですが、スマホとセットで加入すると「マンスリー割」と言ってスマホの分割機種代金から一定額の割引が受けられます。auで言う毎月割と同じ仕組みです。

 

格安スマホもしくはiPhone5s購入と同時でUQモバイルに加入するなら実質0円でスマホが持てるので、メリットがあるプランと言えます。

契約期間の縛りの有無

SIMタイプ UQモバイル mineo
ネット専用SIM なし なし
音声通話SIM 1年 なし

UQモバイルの縛りは一般的な内容で音声通話SIMのみ1年契約です。1年未満の解約は9,500円の違約金がかかります。

 

mineoは2015年7月から縛りがSIMタイプに関わらず無くなりました。今までの1年契約が必須から大きな変更です。契約期間が無いので、いつ解約しても大丈夫です。ただし、mineoを契約してから1年以内に他社へMNPで出ていくと11,500円のMNP転出手数料が発生します。

 

契約してからすぐにMNPで出ていく予定が無ければmineoが断然おすすめです。

iPhoneユーザー必見のiOS対応表

機種 UQモバイル mineo

iPhone7Plus

未発表

iPhone7

未発表

iPhoneSE

iPhone6sPlus

iPhone6s

iPhone6Plus

iPhone6

iPhone5s

iPhone5c

 

△はiOSが7なら使用可能ですが、9以上にアップデートしてしまうと使えなくなってしまうので気を付けてください。また、一度アップデートしたOSは前のバージョンに戻すことはできません。

 

iPhone7以上ではUQモバイルは動作確認が取れていません。今のところは使用は自己責任でお願いしますという状況です。

 

mineoもiPhone7以上ではただのnanoSIMを選んでしまうと通話機能が使えない制限があります。音声通話をするには必ずau VoLTE対応のnanoSIMを選ばないといけません。

テザリングをするならmineoは要注意

スマホをWiFiルーターのように使える機能がテザリングですが、UQモバイル・mineoともに月額料金や申し込みも不要で利用可能です。

 

ただ、iPhoneにmineoを挿して使うテザリングは要注意です。auネットワークのAプランではiPhoneでテザリングは使えません。ドコモネットワークのDプランでは使用可能です。

 

UQモバイルならiPhoneでテザリング可能です。

 

Android端末ならmineoのAプランでもテザリング可能なので、いないとは思いますが、どうしてもiPhoneをauのエリアやネットワークでテザリングしたい方はUQモバイルがおすすめです。

正直UQモバイルを推す理由が無くなってしまいました

2015年6月までは契約期間の縛りの関係でUQモバイルもおすすめできましたが、7月からmineoの縛りが無くなってしまったので、UQモバイルがmineoに勝てるポイントが無制限プラン(ただし、通信速度は500kbps)とau回線を利用したiPhoneでのテザリングだけになってしまいました。

 

低速無制限プランはありませんが、料金プランも豊富で縛りの無いmineoが圧倒的に良いです。

 

UQモバイルを選んだ方が良い人

  • 無制限プランで低速でも良いから容量を気にせずに使いたい
  • 格安スマホやiPhone5sを一緒に買ってお得に使いたい
  • au回線利用のiPhoneでテザリングを使いたい

mineoを選んだ方が良い人

  • 契約期間の縛りが無い方が良い
  • プランの選択肢が多い方が良い
  • 格安SIMを2枚以上契約する予定で割引が欲しい

5/9までに音声通話SIMをお申し込みの方を対象に3ヶ月間毎月800円割引の新生活応援キャンペーン中!