家族3人でドコモ、auの格安SIMを利用しています。

家族3人格安SIMで節約

スマートフォンが生活の必需品になって久しいですが、毎月キャリアに7,000円近く支払うことは、一人ならばまだしも、4人家族だったりすると年間支払金額が莫大になってしまいます。

 

うちは、3人家族でスマートフォンも各自一台、大人はガラケーも一台ずつ持っています。通信費を節約するために、全員格安SIMでスマホを運用しています。

 

格安SIMを導入するまでは一人あたり毎月8,000円弱かかっていました。それが格安SIMを使うことで一気に1/3以下に節約出来ました。

 

格安SIMの良いところは、とにかく1か月あたりの使用料が安いことにつきます。近年の価格競争から、契約時よりも価格はさらに下がり、高速通信できるデータ容量は増えてきたので、ますますキャリアのスマートフォンとの差が縮まりつつあります。

 

家族で契約しているのは、mineo,IIJmio,b-mobileそれぞれ一つずつです。どれも特に不満もなく使えていますが、mineoはauの回線を使用しているため、auのスマホの白ロムを格安で運用することができるため、auユーザーにとっては嬉しい存在です。

 

格安SIMといえば、ドコモの白ロムを用意しなければならず、私はauユーザーだったので、白ロム購入の初期費用がネックになっていました。mineoの登場で手持ちのスマホをそのまま使えるのはありがたかったです。

 

b-mobileも最近かなり実質値下げをしているため、契約当初よりコストパフォーマンスが格段に良くなりました。通話機能をつけて、2GBの契約でも2,000円くらいです。中高生だったらこの契約で十分だと思いますので、キャリア契約のスマートフォンにはもどれません。

 

IIJmioは、みおぽんというアプリがあり、手動で高速と低速が切り替えられるため、とても便利です。

 

格安SIMも最初の頃は容量が1GBで1,000円を超えていましたが、最近は3GBで900円という会社も出てきています。これからもどんどん使い勝手が良くなっていって欲しいと思います。