mineoとAtermMR03LEで便利に使っています

WiFiルーターも格安SIMでグッと安くなる

私が格安SIMを考えた一番の理由はiPadmini2のWiFiモデルを自宅外でも快適に使いたかったためです。

 

私はガラケーとiPadmini2のWiFiモデルの2台持ち運用をしており、仕事の関係上WiFi環境下にいることが多かったので、WiFiモデルのiPadmini2でも特に不自由なく使うことができていました。

 

しかし、仕事の環境が変わってWiFi環境が整っていない場所で仕事をする機会が増えたため、iPadmini2の運用に不自由を感じることが多くなり、WiFiルーターの導入をしようと考えたのです。

キャリア契約は毎月約4,000円、格安SIMなら1,700円から

携帯電話会社のWiFiルーターは2年縛りなどの契約の縛りがあるうえに毎月かかる利用料金もおよそ4,000円と決して安くはありませんでした。

 

現在話題になっている格安SIMはスマホ以外にもWiFiルーターにも使えるという話を耳にし、格安SIMでWiFiルーターを使用したいと考えて様々な情報を集めるようになりました。

mineoはWiFiルーターとセットで始められる

現在では多くの業者が格安SIMの取扱いをしていますが私はmineoの格安SIMを選びました。
mineoを選んだ理由はガラケーはauと契約しているので同じauの回線を利用するmineoなら安心して使えると思ったこと、毎月700円からと業界屈指の安い料金プランがあったこと、SIMカードと端末がセットになったプランの取り扱いがあったことが利用の決め手となりました。

AtermMR03LE

特にWiFiルーターがセットになったプランがあったことが良かったです。
格安SIMは自分で端末を用意し、初期設定などを行わなければならないと聞いていたので、格安SIM初心者である私はそのことを不安に感じていました。

 

しかし、mineoのセットプランならば届いたSIMカードをルーターに差すだけで使えるように初期設定が済ませてあるとのことだったので、安心して申し込みができました。

WiFiルーター版のmineo料金プラン(機種代金コミ)

500MB 1GB 3GB 5GB
1,700円 1,850円 1,980円 2,580円

WiFiルーターの機種代金が毎月1,000円プラスされています。SIM自体は1年契約ですが、WiFiルーターは24回の分割払いになるので、1年で解約すると12,000円を機種代金として支払う必要があります。

 

WiFiルーターの2年間の分割払いが気になる人は機種名のAtermMR03LEで検索してオークションで落札するか白ロム屋さんでの入手をおすすめします。スマホよりは比較的安価に手に入れられると思います。WiFiルーターを別で購入した場合は上の料金プランから1,000円引きされた金額が毎月の通信料になります。

 

実際に利用してみての感想としては、回線も安定していますし、高速通信量は少ないものの、もともとLINEやYahoo JAPANアプリの利用などのライトな使い方しかしていなかったので問題なく利用できて満足しています。

 

キャリア契約のWiFiルーターは高い、縛りがキツイと思っている人には格安SIMでのWiFiルーター運用がおすすめです。